実体験!!30代男性の為のpairs攻略方法

はじめに

マッチングアプリpairsを使っている方、気になっている方。
良い方と巡り会うことはできましたでしょうか?
もしそうでないなら、基本的な何かを間違えてしまっているかもしれません。

pairsはとてもサービス内容が充実していて、女性ユーザーも多いので、長期的に利用していればそのうち出会うことはできるかもしれません。
しかしその偶然がおきるまでに時間とお金をかけてひたすら待ち続けるよりは、チャンスが多い方が絶対にいいですよね。
例えるなら、この記事を読めば、細くて頼りないキューピッドの矢を、10本のぶっとい矢に変えることができます。

数打ちゃ当たる、といえば聞こえは悪いかもしれません。
しかし、pairsを利用するということはあなたは必然的な出会いを求めているということなので、間違いなく、使える手は使った方が良いです。

また、あなたが30代の男性であれば、20代の頃とは違うアプローチが必要です。
しかし、ポイントさえおさえておけば、30代でも20代前半の若くてかわいい子と出会うことは十分に可能です。

前置きが長くなりましたが、今回はpairsを上手に利用して、わずか1ヶ月で複数人の女性と出会えるコツを紹介していきます。

まず初めに出会うまでに突破しなかればいけないステージとその期待度を。
次に、マッチングアプリの使い方のコツ、考え方。
最後に、その後の付き合い方などを書いていきます。

出会うまでに突破しなければいけないステップ

pairsを使ってお相手の女性と出会うまでに必要なステップは次の5つに分かれます。
①いいねを返してもらう
②初回メッセージを送る
③pairs上でのやりとり
④LINEで直接やりとり
⑤会う

一つずつ説明していきます。

①いいねを返してもらう

pairsではお互いいいねを付けた同士で初めてメッセージのやり取りができるようになります。
相手からいいねをもらった場合はラッキーです。こちらがいいねをすればすぐやり取りが可能になります。
今回は相手からのパターンは置いておいて、自分からアプローチする場合を想定していきますので、プロフィールをみて気になった方には積極的にいいねを送ってみましょう。

自分が送ったいいねに反応して女性からいいねを送り返してもらえる確率は15%くらいが妥当なところでしょう。20%を超えている場合は素晴らしいです。
逆に、5%未満の方はプロフィール写真、自己紹介文に問題がありそうです。自分の年齢とかけ離れている層をターゲットにしている場合もあり得ます。

ここが全ての起点となるので、反応の良し悪しはしっかり把握しておくこと、悪い場合は改善することが必要です。いいねの数は有限なので、反応が悪いことに気づかないのは致命的なミスと言えるでしょう。

その理由として、女性側はいいねの付与を無料で行うことができるので、いいねを押さない金銭的な理由などはありません。そのため相手側の都合というよりも単純に自分側に原因があるという確率が高いからです。

自分が送ったいいねに対して反応してもらうことができたら、期待度は10%くらいに上昇。次のステップに進みましょう。

②初回メッセージを送る

初回のやり取りは大事ですが、メッセージは控えめに。
間違っても長文などでは送らないようにしましょう。
気軽に返信をもらえるような文章を意識することが大切です。

相手の自己紹介文やコミュニティをみて、興味がありそうなことを一言添えて送る程度で十分です。
いいねをくれた感謝の言葉も忘れずに。
初回メッセージを送って返信が来ない場合も全然ありえます。
しかし、ここでできることはありません。
放置しましょう。
焦ってもいいことはありません。
忘れた頃に返事が来る場合もあります。
他の人とのやりとりを優先しましょう。

初回メッセージの返信率は50〜80%くらいを目安にするといいでしょう。
初回メッセージの返信があれば期待度は20%くらいです。

③pairs上でのやりとり

pairs上でメッセージの返信をもらえたら、しばらくそのままやり取りしましょう。
このステップでは、会話の広げ方、返信ペースなどを意識しましょう。

NGなのはすぐさまLINEの要求や、質問責め、早すぎる返信などです。
20代前半ならば間違っていないのですが、30代の場合はこれは間違いです。
自分の立ち位置と、どういう印象を与えるかを考えましょう。
とは言っても、相手がすぐに返信をくれるタイプの場合などはこちらも臨機応変に返すのはありだと思います。

相手の自己紹介に

LINE交換OK

と書いてあったとしても、すぐには交換しないほうが良いです。
そうする理由は後から活きてきます。

④LINEで直接やりとり

ここまでくれば期待度は60%くらいまで上昇
pairs上で会話をうまく広げられていれば、よかったらLINEでやりとりしませんか?という質問にもすんなり受け止めてもらえます。実体験上ここで断られることはなく、「ぜひぜひ」と言ってもらえることがほとんどです。

相手の反応やタイミングを伺いながら、初めての食事に誘ってみましょう。
誘うときは、丁寧な誘い方を試してみてください。
具体的には「〇〇(場所)あたりに美味しい〇〇(食べ物)があるので、良かったらご一緒にいかがですか?日にちは〇〇日か〇〇日の何時頃で都合が良ければと思っています」といった感じです。
文脈などは自由に変更して構いませんが、ここで大事なのは予め候補を提案すること、日にちも合わせやすいように2つほど提案することです。
上記の文章だとテンプレートっぽく臭い感じがしてしまうかもしれませんが、実際にこのようなお誘いを受けて嫌な気分になる女性は少ないです。

反応もわかりやすい反応で返ってくるはずです。
興味があればどちらかの日程に合わせてくれるでしょうし、興味があるがどちらも難しい場合だと、「〇〇日だと大丈夫ですが」といった反応をもらえるのではないでしょうか。仮にあなたに興味がない場合には「どちらも難しいし、この先もわからない」といったニュアンスの文章が返ってくるかもしれません。後者の場合には本当に多忙な可能性もありますが、多くの場合

いま積極的に誘うタイミングではない

でしょう。

⑤会う

会う約束ができたらあとはあなたの人間性を発揮するときです。これまではマッチングアプリやSNSツールを介したコツやポイント等を紹介してきましたが、実際に会うとなるとあとはあなたと相手次第です。
実際に会ってからが大変だ、という方のためにちょっとしたコツを紹介しますので、興味があれば最後までお読みください。

マッチングアプリの使い方のコツ、考え方

ここではpairsを使ったコツについて書いていきます。
結論から書くと、pairsは短期勝負でいったほうが良いです。
そして、多少の課金は惜しまずしましょう。
投資だと思えば安いものです。
理由としては、pairsの有料会員は月額制のため、長く使えば使うほどコストがかかる点。オプションなども同じく月額制です。
こう書くと棘があるかもしれませんが、継続利用は運営側が潤うだけです。
さらに、利用者側の女性にとっても、ずっと掲載している人よりも新しく登録した人のほうが興味があるのは当然でしょう。

そのため、個人的には短期間で有益なオプションを使って一気に勝負をするほうが、長々継続利用するよりコスパがよく、マッチングする確率も高いと考えます。

その後の付き合い方

「会ってからが大変だという方へのちょっとしたコツ」を書いていきます。

会話が苦手

会話が苦手という方は、聞き役に徹することで相手が勝手にしゃべってくれるので、間が持たないというのを解決できます。
聞き役に徹するということは、相手に気持ちよくしゃべってもらうというのを意識しましょう。
具体的には「興味があるように聞く」「目を輝かせて、もっと聞きたいという意図を伝える」「少し前のめりになって聞く」「笑顔を意識し、見つめすぎない程度に相手の目を見る」といった感じです。

相手が自分の話に興味をもってくれていると感じると、相手もとても話しやすくなるので、自然と口数は増えていきます。
さらに「あいづちをきちんとする」「オウム返しをする」といったのも効果的な手法です。
自然なオウム返しは間を自然と繋ぐことができますし、あいづちとして使う場合は相手に共感を与えることもできるのでとても便利な方法です。

支払いは全額負担で

一緒にご飯に行った場合には、支払いは男性側が全て払いましょう。2人での合計ならそこまで負担にならないはずですし、今日は時間を作ってくれてありがとうという感謝も込めて男性側が負担するべきです。
人によってはそれは困るという偉い女性もいるかもしれませんが、そういうときは「じゃあ次いくときはお願いしようかな」といった感じで言ってあげれば、折れてくれる可能性が高く、次へ繋げるきっかけになるかもしれません。
支払いのタイミングも、可能であればお手洗いに行っている隙などにさっと済ませておきましょう。これも雑誌やネットでみるとキザっぽい感じに見えるかもしれませんが、丁寧に扱われて悪い気がする女性はいません。いてもごく稀です。

最後に

ここまでで、pairsを使った女性とのやりとりのコツ、マッチングアプリの上手な使い方、実際に会ったときのコツなどを紹介してみました。
最後まで読むと、少しいける気がしてきませんか?
皆さんに素敵な出会いがありますように。
最後までお読みいただきありがとうございました。